かごしまクリエイティブライフ

「クリエイターの鹿児島移住(後編)

~どんな風に鹿児島市で生活してる?」

近年、大都市圏から地方へのクリエイター移住が何かと話題だ。中でも福岡県や長野県などは移住先として大人気である。そんな中、鹿児島市にも何人ものクリエイターが移住してきている。鹿児島市以外にも多くの地方都市がある中で、なぜ鹿児島市へ移住をしたのか。鹿児島市へIターンされた小笹雄一郎さんと、Uターンされた久保雄太さんに、生粋の鹿児島人である新地が「前編どうして鹿児島市に移住したの?」に続き、後編では仕事や生活についてあれこれ聞いた。

小笹 雄一郎(おざさ ゆういちろう)コトカキ屋 代表/デザイナー・ディレクター

1986年兵庫県神戸市生まれ。京都造形芸術大学環境デザイン学科卒業後、薩摩川内市雇用創造協議会(通称ぽっちゃん計画室)にて、2年間商品開発員として従事。その後、一般社団法人鹿児島天文館総合研究所Ten-Labにてディレクター・デザイナーとして、沖永良部島・鹿屋・甑島を中心に県内各所のプロジェクトに携わる。2014年10月コトカキ屋を設立。現在、鹿児島県内の建設会社、障害者就労支援施設、農家などのブランディングに携わる一方、ファシリテーターとして県内の対話の場のサポートを行っている。

久保 雄太(くぼ ゆうた)サクラ島大学 学長/デザイナー・ディレクター

1983年鹿児島市生まれ。 2007年4月、福岡にて株式会社SOL DESIGN入社。同時に、NPO法人九州コミュニティ研究所に所属。2010年よりフリーランスとして活動。2011年7月鹿児島にて、暮らしをテーマにした学びの場づくり「サクラ島大学」を開始。広告とパブリックデザインの現場経験を活かし、様々なデザインプロジェクトの企画立案、ディレクションおよびデザインを担っている。

新地美沙(しんち みさ)株式会社創企堂 アートディレクター

鹿児島市生まれ鹿児島市育ち。鹿児島市の印刷会社にて、約15年デザイナーとして従事。その後結婚・出産を機に退社し、2013年より現在所属している株式会社創企堂にて鹿児島市デザイン関連人材育成・交流支援事業、クリエイティブ産業創出支援事業、そして今年度クリエイティブ人材誘致事業に携わっている。

新地―前編で生活や仕事の面で人とのつながりが大きいというお話をされていましたが、どんなふうに人とのつながりを作られて、仕事につながっているのかをお聞きしたいのですが

小笹:私の場合は、甑島に移住したときも鹿児島市へ移住したときも、初めは組織に属する形でしたので、その中でデザインワークをさせてもらいつつ、同時に人とのつながりも作れました。地方に興味があり、これからクリエイターを目指す駆け出しの方や、地域にこれから移住されようとしているクリエイターの方は、地元の企業などの組織に属することで、その組織の広報物等を制作するだけでもスキルを上げられますし、人脈や仕事もつくりやすいと思います。当然収入面の心配もなくなりますよね。

新地―移住するときはその土地の組織に属するのがやはり有利ですよね。でも、鹿児島市にそういう就職先ってありますか?

小笹:そうですね。デザイン事務所は個人や少人数でされていることが多くて、就職先としては難しいかもしれませんが、メーカーさんや広告代理店などで企業内にインハウスのデザイナーを入れたいところは最近増えていると思います。

新地―確かにそういう企業が増えているように感じますね。久保さんは鹿児島市へ戻られたときに就職はされていませんよね。そこでは、鹿児島市のソーシャルビジネスのサポートプログラムを活用したメリットって、大きかったですか?

久保:そうですね。鹿児島市のソーシャルビジネスのサポートプログラムのワンクッションがあったことは大きかったと思います。その間にいろいろな人と出会えて、繋がることができましたし、現在自主コンテンツとして運営しているサクラ島大学や、今の仕事にも繋がっていると思います。あとは、デザイナーと企業のマッチングなど、フリーランスとしての動きを後押ししてもらえる機会も多かったですね。「かごしまデザインアワード」で企業賞をいただいて、課題企業の方とつながることができたり、「かごしまクリエイターズオーディション」に出させていただいたことで参加企業ともつながることができました。鹿児島を引っ張っている広告業界の先輩の良いものをたくさん見る機会もありましたので、そういったいろいろな機会や経験が今につながっていると思います。

新地―なるほど。仕事をするうえで、福岡や東京などの都市部との違いってありますか。

久保:そうですね。地方だからということではないかもしれませんが、私の場合はデザインだけという単発での仕事はあまりないですね。常に伴走しながら、デザインしてその商品などが売れるところまで一緒にやっています。頼まれていないところまで提案できるように考える。なので、多くの仕事をこなすというよりは、質を上げる、深くしていきたいと思っています。思いを共感できる企業と永く付き合える関係を作ることができる、そういう可能性は地方のほうがあるんじゃないでしょうか。

小笹:私もそう思います。地方だと分業制ではなく、1人で関わる守備範囲が広くて、デザイン以外の部分での関わりが多いですよね。

新地―なるほど、でも、それはデザインだけではフィーがもらいづらいというわけではないですか?

小笹:確かにデザインにそんなに払うの?と驚かれる方もたくさんいらっしゃいます。なので僕は例えばロゴデザインは「なんのために・どこを目指して・それを行うのか」というような一度自分に深く潜るプロセスを通して、その活動の意義と目的を明確にしてくれるもので、ただイラストを描くものではないとお伝えします。実際その活動の意図を明確に伝えることができるようになり、周りから共感を得ることができるようになった方もいらっしゃいました。

久保:小笹さんが言うように、デザインフィーが出ない、出す感覚がなかったという企業がまだまだあるのは事実です。ですので、私は例えばパッケージなら営業マンの代わりの役割をしてくれるものというような説明をしていますね。月15〜20万の人件費を払っている営業マンの代わりとしてパッケージが機能することをお話しすると、イメージしやすくなってきます。

新地―なるほど、分かりやすいですね。ところで、鹿児島市へ来る前と来た後では収入面での違いはありましたか?

久保:私は福岡では下積みだったこともありますので、デザイン事務所で初任給が15万程度と年に2回のボーナスをもらっていました。帰ってきてからは独立してフリーランスなので、収入面では比べづらいかな。おかげさまで、家族を養えるだけの仕事をいただけています。

小笹:私の場合は、甑島から鹿児島市へ移って一般社団法人に入ったときの手取り15万程度でしたね。家賃は鹿児島市内なのに15,000円の所だったので、そんなに大変じゃなかったです。まぁ家賃については当時の代表が持っているアパートに住まわせてもらっていて、かなり特殊な事例なので参考にならないかもしれませんが(笑)。ただ、田舎というか地方だと人とのつながりがあれば、そういう特殊なことも十分にあり得ると思います。

新地―なるほど。やはり人とのつながりは重要そうですね。では逆に、コミュニティに入り込む以外で仕事をつくることはできますか?

久保:首都圏時代の仕事を持って独立したり、元々のつながりを持ちながら鹿児島市で活躍されているクリエイターもいらっしゃいますよね。仕事のほぼ大半を首都圏から受けて、オンライン上でやり取りを行っているようです。ただ、そういう人たちはブログなどでライフスタイルを含めたパーソナルな情報発信を細やかにされていますね。

新地―オンライン上でのやり取りが可能なら、地方から首都圏のクリエイターに頼むこともできると思いますが、なぜ地元のクリエイターに頼むのでしょうか?

久保:首都圏のクリエイターは価格が高いというイメージはありますよね。あとはやっぱり顔を合わせて話をしたい方が多いと思います。その傾向は、地方の方が強いんじゃないでしょうか。でも、クラウドなどを活用して、離れていてもやり取りが苦にならない人たちに世代が替わり出しているので、首都圏の有名なデザイン事務所に頼んでいる企業も出てきてますよね。ただ、オンラインや都会だと、スキルが同じ場合、他に価格が安い人がいれば、ドライに、ビジネス的な考え方で替えられてしまうことって珍しくないですよね。そういう意味では価格だけで替えられてしまうことはこちらだと少ないと思います。100%とは言い切れないですが。

新地―なるほど。首都圏は合理的で、結果・成果をかなり重視されるかなと思いますが、地方はどうでしょうか?

久保:地方も成果重視ですよ。成果を出せなければ、次に繋がらないのは一緒だと思います。だからコストのことだけで単純に決められないような繋がりを持つようにしています。私は見積もりにセンスが必要だと思っていて、対価をお金だけで考えず、貸し借りの考え方が大切だと思っています。例えば商品開発などはスタート時どうしてもコストがかかるので、売れて行くことを見越しランディングのコスト面も含めて提案します。1000個売らないと見合わない商品にそれ以上のデザインフィーを提示するのはナンセンスなので。

小笹:私も成果は当然大事だと思っています。ただ、それよりも成果をどう捉えるか、ということも同じように大事だと思っています。僕がご一緒させていただく方は売っていくら儲かる、といったような分りやすいビジネスモデルではないことも多いので、成果をどこに置くかを最初の段階から確認することも多いです。

なるほど。ちなみに対価がお金以外だったことってありますか?

久保:私はお金を全く貰わないということはしていません。ただ、価格を下げる代わりに足りない分は他のもので、という考え方は持っています。例えばロゴを作成するときに、クライアントが農家の方で、もしフィーはあまり支払えない状態だとしたら、代わりに畑を3年間借りられないかという提案とかはあり得ると思います。

小笹:私も費用を全く貰わないということはしていないです。パッケージデザインをお手伝いした時に、マンゴーをもらったことはありました。

新地―フィーの代わりに畑を借りたり、マンゴーをもらったりは地方ならではという感じですね。次に生活費の話にうつりますが、都会と比べると遊興費が圧倒的に安いというのも地方ならではのようですが、そういう実感はありますか?

久保:エンターテイメントが少ない分、ピクニック・キャンプなどのアウトドアの遊びが多くなるので、そう感じるのかな。アウトドアグッズもこだわると費用がかかりますけど。でもアウトドアを楽しめるロケーションがいっぱいあるので、一度揃えてしまえば結果的に安くなるかな。

小笹:確かに。夏に泳ぎに行こうと思って、海かプールに行きますけど、海はタダだし、プールも安いですよね。
飲みに行くのも、都会に比べると質の良いものが安く食べられるっていうことはあると思います。

新地:確かにそうですね。東京で家族で休みに遊びに行くと何万円もかかるとかよく聞きます。そんな鹿児島市ですが、鹿児島市ならではの魅力ってどんなところだと思いますか?

小笹:(地方にしては)交通の便が良いですよね。新幹線が通っているし、周辺の離島へはフェリーですべて行ける。屋久島にも高速船だと2時間程度で行けるんですが、そういうことは意外と知られていなくて。いきなり島へ移住するのって、思っているより大変だから、まずは鹿児島市内に移住してワンクッション入れるという考え方もいいかもしれませんね。
市内だと適度に遊べるところがあるのも良いですよ。映画館などアミューズメント施設がほどほどあるので。

久保:あとは、本州では一番の南の果てに位置していること。ことの始まりは九州から起きているところも魅力ですよね。新たなことを起こしていった風土があるし、昔も今も素晴らしい先輩たちがたくさんいます。良き背中がたくさん見れることは、フリーランスとしてもありがたいです。

新地:なるほど。では、鹿児島市がこうなるともっと良いのにと思うことはありますか?

久保:そうですね、ゆるやかにつながりをつくれる機会や場が適度にあるといいと思います。鹿児島市の事業などで企業とのマッチング機会は増えつつありますけど、つながりを作ったり、情報交換や相談できる拠り所が常にあると良いですよね。相談しやすい、起業しやすい雰囲気だと行きたくなりますし。

新地:そうですね、困ったときに相談できる場所があって、助けてくれる人が居たら安心ですよね。では最後にどんな人が鹿児島市への移住に向いていると思いますか?また来てもらいたいですか?

小笹:やっぱり、地方では生活や仕事をする上で人との関わりは避けて通れないというか、そこを楽しめないと厳しいと思います。クライアントとの距離もいい意味で近いので、目の前の人のためにやっているんだということを感じやすい。お金だけでなく、この人のために頑張れるみたいな純粋なモチベーションを持てる人に来てもらえると嬉しいですね。スキルとスキル、スキルと物の交換、ギブしておくことでいつか助けてもらえるかもと思って動けるかどうかが大切かもしれないですね。そういう関係性を作れる人は地方での活動に向いていると思います。

久保:私は、魅力をどんどん発信してくださるライターさんやエディターさんに来ていただきたいです。ただ、書くことや編集することだけでは地方で仕事するのは厳しいかもしれないので、そこにプランニングやプロモーションなどもプラスしてできる人が必要だと思いますし、まだまだ足りていないと思います。

新地-ありがとうございました。