かごしまクリエイティブライフ

クリエイティブかごしまプロジェクト「KAGOSHIMA CREATIVE LIFE」

クリエイターの地方移住とその現実~鹿児島編

鹿児島市では本年度より、クリエイターの移住促進に取組んでいます。かごしまお試し移住(短期滞在や長期インターンシップ)やクリエイター限定の移住補助金制度など、クリエイターの皆さんが、鹿児島市に移住したくなるプログラムを用意しています。本イベントでは、それらプログラムを紹介するとともに、かごしまデザインアワード審査員でもある日経デザインラボ ラボ長 丸尾弘志氏と ツクルバ代表取締役 CCO の中村真広氏をお招きし、トークセッション「クリエイターの地方移住とその現実~鹿児島編」を開催します。
また、トークセッション終了後には、鹿児島在住者や鹿児島関連クリエイターと参加者との交流会も開催。かごしまデザインアワード受賞作品でもある「さつま無双」の焼酎もふるまう予定にしています。

開催日時
2016年11月18日(金)19時30分~(19時開場)
①トークセッション:19時30分~20時30分(予定)
②交流会     :20時30分~21時30分(予定)
開催場所
co-ba shibuya(東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル 6F)
定  員
30名程度
参 加 費
無料(交流会は、実費2,000円負担)
対  象
地方移住に関心のある方クリエイター
主  催
鹿児島市
協  力
株式会社ツクルバ
協  賛
さつま無双株式会社、池田製茶株式会社

co-ba shibuya

住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル 6F
アクセス:JR渋谷駅新南口改札より徒歩3分/地下鉄渋谷駅16番出口より徒歩7分
TEL:03-6811-7179 HP:http://tsukuruba.com/co-ba/shibuya/

ゲスト略歴

丸尾弘志氏(日経デザインラボ ラボ長、前日経デザイン編集長)

1998年国際基督教大学卒。同年日経BP社に入社、日経システムプロバイダ記者、日経デザイン記者を経て2014年に日経デザイン編集長。2016年10月より現職。ブランディング、知的財産活用、デザインイノベーションにまつわる取材と調査研究を主に手掛ける。主な著書に「アップルのデザイン」「素材とデザインの教科書」など。

中村真広氏(株式会社ツクルバ 代表取締役 CCO/エグゼクティブ・プロデューサー)

1984年生まれ。東京工業大学大学院建築学専攻修了。不動産ディベロッパー、展示デザイン業界を経て、2011年、実空間と情報空間を横断した場づくりを実践する、場の発明カンパニー「株式会社ツクルバ」を共同創業。デザイン・ビジネス・テクノロジーを掛け合わせて事業の構築を行っている。2015年4月から、建築とその周辺産業の発展に寄与するべく、一般社団法人HEAD研究会の理事に就任。昭和女子大学非常勤講師。

鹿児島市クリエイティブ人材誘致事業とは

鹿児島市では、デザイン等のクリエイティブ産業の育成支援と集積促進、デザインやコンテンツ業など知識集約型産業の振興を図るため、「クリエイティブかごしまプロジェクト」を進めております。このプロジェクトの一環である「クリエイティブ人材誘致事業」 KAGOSHIMA CREATIVE LIFE は、鹿児島市の都市機能の集積を生かし、製品等の高付加価値化の促進や新たな価値を創造するクリエイティブ産業の振興を図るため、首都圏等に集中しているクリエイティブ人材を誘致し、産業集積を促進することにより、豊かで持続性の高いクリエイティブシティかごしまの実現を目指すものです。

HP:http://kagoshima-creative.com/

お申込み・お問い合わせ

鹿児島市クリエイティブ人材誘致事業
かごしまクリエイティブライフ事務局
委託運営 : 株式会社 創企堂
〒892-0831 鹿児島県鹿児島市船津町1-11
TEL:099-239-0253 FAX:099-239-0254 Mail:

※交流会の参加には参加費2,000円が必要になります。交流会参加をご希望の場合は事前にお申し込みください。交流会では、鹿児島焼酎の振る舞い酒などをご用意しております。ご参加をお待ちしております。

申し込みフォーム

参加 不参加